toggle
2016-09-26

じっとしていられない公園

kurumi1













bor023_c


こんにちは くどうみちこです



札幌の東区に、著名な建築家イサム・ノグチが設計した

広大な公園があります




この公園は、とてもくつろげるのですが、


じっとできる公園ではありません


というのは、


自分の立ち位置で見えるものが面白く変わっていくので、

歩かずにはいられなくなるからです




例えば上の半円形の建造物



半円の大島と小島のようにみえるのですが


違う角度からみると


半円が二分割されていて



それはまるで、胚の分裂をみてみるようで

また、その硬い殻を割った胡桃の断面のようでもあり


kurumi2






























その裏側にまわれば


それはいがいにも左右男女に分かれたトイレであり


その中央からはピラミッドの先端がちらっと見えていたりもして




あぁ、 やっぱり




生命の育みがテーマなのか




とひとりで納得してみたり







moere2-1













moere2-2
















コンクリートとガラスの建造物


グレーが基調のシンプルな石とスレート板



そして少ない植生の緑






削ぎ落とされたシンプルな材料が緻密な計算で配置されていて





おそらくこの時代だからこそできたのであろう

ある意味とても贅沢な造成




きっと歩くたびに

新しい発見があるでしょう


歩くルートは決まっていません


みなそれぞれ、

思い思い

歩きたいように歩いている




こういうことも

ココロと身体のtune upだなぁと

思いました





ポチっていただけますと幸せです
ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

関連記事
カテゴリー