toggle
2017-01-28

山岳路線

 

 

 

 

 

こんにちは くどうしんいちです


にびいろの

2本のラインが続く先は

稲穂峠



青函連絡船時代

北の玄関口といわれた函館から

羊蹄山麓、小樽、札幌を経て

旭川へと至るこのルート、函館本線といいます



途中

ガニめしのまち長万部から

フルーツのまち仁木までは

急こう配、急カーブが続きます



かつて特急北海や急行ニセコが通った動脈でした



この部分、通称山線と呼ばれ

その険しさゆえ

高速化から取り残されていきました



今は区間によっては日に数往復の普通列車が走るだけ



沿線には小樽やニセコエリア

国外の人も多く訪れます



その中には

ちょっと不便なローカル線に乗ってこられる方も

少ないながらいらっしゃいます



そして

多くは長期滞在





スキーリゾートに来たからといって

いつもスキーをしているわけではありません



むしろその割合は少ないように思います



彼らは非日常のいろいろな体験をしたいのです



その中に日本を感じられれば好感度も増すでしょう



鉄路を使った

日本を

北海道を感じる仕掛け

何かできないかなー





多くの滞在客を見ながら

人影のまばらなローカル列車を見ながら

それに

沿線のおいしい食材や加工品をおもい浮かべながら

思います





ポチっていただけますと幸せです
ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
カテゴリー