toggle
2016-10-30

昭和モダンの家リノベプロジェクト

looking-min













bor018_c


こんにちは くどうみちこです


2017年まであと2か月余り

先日、昭和モダンの家の売買契約を終えて

晴れて自分たちがいじれるようになりました



このお家のもっている雰囲気を極力生かして

さらにチャーミングにお化粧直しをして、

この家に住みたいとおっしゃってくれる方に橋渡しできたら

と考えています

この改装計画は名付けて、

昭和モダンの家リノベプロジェクトzumen-min
















それでは、

リノベーションビフォーの画像をば




まずは最初の3枚は、

家の宝物の煙突と現在の煙突に接続されている灯油ヒーターの姿です

chimeytop-min













chimneyoutside-min














heater-min
















上の画像の灯油ヒーターが置いてある位置に、

昔はペチカがあったのではないかと推測します

ここはきれいにお化粧して、木質系ストーブを

この家からすぐ近くにペレットの生産工場があり、

ペレットストーブが理にかなっているかもしれません




次の3枚は家の外観です

外壁はアクリルウレタン系塗料ふきつけと

玄関まわりはタイル貼り

玄関の柱には、石タイルが張られています

モルタルが欠けた玄関の階段はきれいに補修します

外壁は一部木板を張ってカラーリングしなおそうと思っています

その前に、お庭の雑草をきれいにしたいところ


outsidewall-minentrance2-min

entranceoutside-min
entrancestair-min




























































玄関のタイル貼りはどうしようか考え中です

あらたにタイルを張りなおすか、このままいかすか、です
entrance-min




















この家の外観からはあまりわからないのですが、

内装や照明に、昭和モダンのデザインがみられます


例えば、二階へのアプローチ

壁にアールがついていたり

照明が個性的




洋室の照明まわりの意匠がレトロでかわいいのです

livingceiling-min
youmaceiling-min






























それと、お気に入りがもうひとつ

それは和室です

japaneseroom-min
















この和室は明るくて、けっこう凝っているので

どういうふうにお化粧直ししようかと楽しみです

あと、キッチンがとても広いです!

この画像ではわかりにくいですが、棚板の模様もレトロでキュート

蛇口は別のものに取り換えますが、

ステンレスのシンクをこのまま使うか

カウンターごと研ぎ出しでつくるか

それとも、和室の壁をとってしまって

アイランドキッチンにしようか

壁のタイルはどうするか、

このお家のもつ雰囲気にマッチしたキッチンの手直し

どういったスタイルでいこうか悩むところです

換気扇も銅板で囲ってあげるだけでかわいい雰囲気になるなぁとか

コンロはビルトインでつくるか、等々ワクワクです

kitchen1-min













kitchen2-min






























それと、この下は2階の画像です

現在は2部屋ありますが、

壁の雰囲気をかえて、間仕切りなおしするかもしれません


2階にはなんと勝手口があり、屋根にでることができます

2階にデッキと目隠し的な塀をつけて、

バーベキューをしたり

デッキに椅子をだしてまったりしたり

洗濯物を干したり

面白い使い方ができそうです
2ndfloor-min
2ndfloor2-min


























2ndfloordoor-min
stairswindow-min
































このお家で気に入ったことのひとつは、

画像はないのですが、2階にもトイレがあることです

おそらくこの時代には珍しいことだったのではないでしょう

あとの水場はこんなかんじです

洗面所とユニットバス

洗面所は新しいものをつくりますが

お風呂場はそのまま使えるかもしれません

senmendai-min
























                       
bathroom-min

































室内扉、かわいいものはそのままで、そうでないものはハンドメイドします

この家の雰囲気のドアノブは、アイアンというより、

銅や真鍮がしっくりするかんじです

すこし女性的な家なのかもしれません
doors-min


















今後、合間をみてリノベーションをすすめていくことになりますが

このビフォー画像からどうかわるのか

作り手の自分たちでも想像がつきません


いまつらつらと書いたのは、あくまで最初のアイデアであり、

最終的には全くちがっていたりするかもしれませんが

それが面白いところでもあるなとおもい、文にしました


家ってフシギだなぁといつもおもうのが


作り手を離れると

住み手によってその空気感が大きくかわっていくところです


この家は空き家になって約1年経ているので、

以前の住み手の空気感はあまり残っていません


次の住み手の方が馴染みやすいように、

なるべく自分たちの色をつけすぎないようにしようと思っています




ポチっていただけますと幸せです
ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

関連記事
カテゴリー