toggle
2016-06-17

窯の築造

s_hibikioven













bor031_c



こんにちは くどうしんいちです



北海道伊達市の「ひびきの村」に

多目的料理窯を現在築造中です

いわゆるピザ窯




この「ひびきの村」は

人間をとりまくいろんな環境を通して

自分や他人や社会を見つめてみる学びの場所

私はそんなふうに理解しています




さて窯ですが

設置場所が屋外なので

窯本体のほかに

雨風をしのぐ東屋も必要なのですが

全部フツーに作ったらン~百万円の世界です




費用を圧縮するために

窯と東屋の一体型ということでやってみました

一見、ガーデニングの道具などをしまうためのミニミニ小屋

正面から見ると

小屋をかぶった窯、という感じ

躯体はブロック

コアはキャスタブルで成型

燃焼と料理を同じところで行う一室型

煙突もついています




この窯

ピザはもちろんですが

蓄熱量が高いので

低温域(200°台)での料理も期待できます




フォカッチャや、ある程度時間を要するパンなど

それと季節の野菜などをただ焼くだけのカンタン料理

例えばトウモロコシは外皮つきのまま放り込む

トマトはざく切りで鉄プレートにオリーブ油で




これは薪窯でなければ味わえません




単一の素材でもこんなにおいしいのか




はじめての人はみな驚きます

樹のもっている薫り、スチーム

火の圧力みたいなものが作用しているのでしょうか




焚火もそうですが

火のあるところには

人が自然と集まってきます




理由なんかなくても

そこにいる人との時間を共有できる

火はすばらしいツールだと思います




この窯が

訪れたお客様に最高の時間を提供してくれることを願いつつ

火入れの日を待ちます



ポチっていただけますと幸せです
ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
カテゴリー