toggle
2017-03-13

3.11に思う



















こんにちは くどうしんいちです



きのうで三陸沖の大きな地震から6年


きょうは明けて12日


とても穏やかな夜明けです




きょうも多分


何事もなく過ぎるでしょう



近年



極端と思える気候変動はあっても



季節はめぐり


淡々と



時は流れ続けます






そして




あの大きな地震の記憶も


自分の中ではどんどん風化していきます





我が家にはテレビがありませんから


一方的にあの日の記憶を押し付けられることもなく


昨日は自分なりに思い出しておりました





地震のわりとすぐあと現地を訪れました





地元の方と話もしました




何もかも


もぎ取られるかのように押し流した




津波の痕





この目で見た衝撃の現実は


わたしのなかで迫力を失い


忘却へとむかっています




確かなのは



現地で被害にあわれた方と



私のような者との意識のギャップが



どんどん開いていってしまうという、こと






想像はできても


当事者のことは


本当の意味で



わかって差し上げることはできません





せめて自分を現地に押しとどめ



どっぷりと浸かることで


少しは


彼らの傷みを共有することができるでしょうか





無力だな


と思うと同時に



自分の生きる意味というあたり




来年の今頃も



また



かんがえているのかもしれません
関連記事
カテゴリー