toggle
2016-08-22

身体のチューンナップ

a0007_001898-min

bor035_c

 

こんにちは くどうみちこです


私たちは普段、何気なく2足歩行していますが、

日頃の歩き癖や姿勢、重力等によって体の歪みが少しづつ大きくなり、

歳を重ねていくうちに、

膝の痛みや腰痛、肩こりや筋肉のコリからくる偏頭痛、

特に目立った症状はないけれどなんだか万全の体調じゃないなぁ

という方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか

アスリートの選手等、仕事柄、体の一部を酷使するような方は

特にそうかもしれません


相方のくどうしんいちは、昔から肩と腰が一方に下がり

左右の脚の長さもおそらく同じではありません

ですが、それが日常なのでたいして気にもとめていませんでした

また、思い返せば、以前はよく人から、「しんどいの?」

ときかれていました

おそらく、顔色があまり変わらないのもあるでしょうが(笑


そんなある日、ご近所さんが、佐藤志穂さんという爽やかな女性を連れてきました

彼女は札幌で、ロルフバランスを運営されていて、

筋膜に着目して身体のバランスを整える施術士さんです

つまり、’自然とtune upする身体’ に整えてくれるゴッドハンドの持ち主


病院で長らく理学療法士さんとして活躍される中、予防医学に関わりたいとの思いから、

米国でこの施術を勉強されてきたそうです


その彼女が、「なぜあの位置に首がついているのかしら??」と思われるほど

くどうしんいちの身体は相当歪んでいたそうで(笑


それまで、セラピーというものと無縁でしたが、面白そうだったので

早速受けてみました


ロルフバランスは、1回60分のセッションが全10回で一応の終了なのですが、

毎回施術を終えて帰ってくると、一見でわかるほど、

体のバランスがよくなっているんです

それでは、ロルフバランスを受ける前と10セッション受けた後の、ビフォーアフターの画像をば

左がビフォーで右がアフターです

before-minafter-min
           














以前はたびたび起きていた低糖症が減り、

「しんどいの?」ときかれることもなくなりました(笑

そして姿勢もとてもよくなりました



病気が顕在化する前の身体のアンバランスな状態を

「未病」というそうですが、

バランスが一方に偏ってきたらtune upして戻す

体にはこういった自然治癒能力がもともとはあるそうです

自然治癒を高める身体に導いてくれるのが、

ロルフバランスだと理解しています



体がなんかおかしいゾ

っていうサインに気付くには、

日頃の思考をしばしとめて、何も考えないで過ごす


’静の時間’

を1日の中でもつよう心掛ける



’炎を見ながら、ぼーっとする’

これもココロとカラダのリセットのひとつ

だと思います




ポチっていただけますと幸せです
ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

関連記事
カテゴリー