toggle
2018-05-13

5月から、の美術館




こんにちは くどうしんいちです

ごぶさたしています 半年以上ぶりでしょうか
パソコンの不調をいいことに、サボっておりました💦


さて季節はめぐり

雪が溶け

早や5月

この時期になると行きたくなります

道東 津別にある美術館
シゲチャンランド
営業は5月から10月まで

画像の「画」のようなものはシゲチャンの作品
古いトタンでつくられた家たち
うちのリビングになじみます


アートって
なぜ人を惹きつけるんでしょうね

その地に出向いて
そこの空間に浸る
気に入ったアートなら
2回、3回と足を運ぶ人も多いみたいです


私の場合のシゲチャンランドも、きっとそうです

作品たちに再会する自分を感じに行く
そんなところでしょうか


思えば

リアルなアート空間は
作品と自分、1対1の空間

数少ない、混沌を忘れる空間

ですから
アートを家に飾ったとしても
家が混沌としているので
当然、対峙なんてできませんね

今や人は
情報の混沌の海に翻弄されていますから
アートの効用というあたり

けっこう大事かもしれません





関連記事
カテゴリー